虹色文明博愛会 ホーム »
最新更新

ちょこっと☆RHAPSODY(West Vision)   

【作品概要】
シナリオ:大隈晃洋、鬼影姚二
原画:丹下ゲンタ
音楽:M.C.TOM


West Visionの五作目。2003年2月21日発売。ドタバタ恋愛ラブコメディー。
メインシナリオライターはお馴染みおにーと、SAGA PLANETS「鬼医者」のシナリオライターの大隈氏、原画はゲンタさんオンリー。

【シナリオ】
主人公の従妹との同居生活、そして天使と悪魔が誤って主人公の肉体と魂を切り離してしまうところから物語が始まります。
前々作である「部費げっちゅ~!」のシンプル過ぎて中身がなかった点を解消して、「シナリオが短くても面白い!」と思わせられた珠玉の作品でした。
従妹である茜と、天使悪魔組のアーシュ、サティの扱いの落差は気になりはしたものの、ルート確定後の怒涛のエッチシーンラッシュは抜き時が留まることがないくらいにエロかったです。ゲンタさんの絵の魔力に見事に魅せられてしまいました。

【シーン】
全体的に構図が良く、蕩けている表情が可愛く描かれてどのシーンも好きです。
一番お世話になったのは意外にもアーシュでした。

【システム】
選択肢のみで特にゲーム性はありません。バックログが搭載されてないのは相変わらず不便です。

ちょこっと☆RHAPSODY

【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
ゲンタさんが最推し原画家になっているのでこの評価。ninetail、dualtail好きには特にお勧めします。
スポンサーサイト

category: エロゲ

tb: 0   cm: 0

ドーターメーカー(ふぉ~ちゅん♪)  

【作品概要】
シナリオ:三宅蒼色、山田一
原画:浅賀葵
音楽:Angel Note


CD Brosが抱えるブランドの一つ、ふぉ~ちゅん♪の処女作。2003年3月28日発売。
企画原案はCD Brosと同じ雄図グループである、当時D.O.のシナリオライターであった山田一氏。
メインライターはFlyingShineのクライミライシリーズで有名な三宅蒼色氏と非常に豪華なメンバー。

【シナリオ】
主人公の上司であり恋人でもあった女性が急逝し、何もしてあげられなかった罪悪感からその娘を引き取って育てる物語。
義理の娘になった篠と毎晩エッチしたり、凌辱シーンがあったりあれとかあれとか(伏字)、OPムービーの雰囲気やほんわかとしたタイトルイメージとは掛け離れた、いい意味でユーザーの期待を裏切った作品です。
年頃の少女らしいあどけなさを持った篠ですが、終盤そのイメージが一気に覆りました。ギミックのある作品はほんと好きですねw

【シーン】
シーン数は多いですが、バリエーションは少なく感じました。凌辱シーンはその限りではないのですが。
一番印象に残ったのは手押し車ですね。辱ゲーは幅広くやってますがこういったシチュは中々お目にかかれないです。

【システム】
CD-DAなので音楽がループしないのは仕方ないにしても、なぜか音声まで途切れる箇所がありました。
それ以外の不満は特にありません。

【音楽(主題歌)】
野神奈々 OP曲「モノクロのカレンダー」
BPM130くらいのゆったりしたメロディーです。篠の声優である野神さんの歌唱曲なので声優ソングということになるのかな。
主題歌は「CD Bros. Theme Song Collection」に収録されています。
アマゾンでの値段は少々高いですが、買っても絶対損がありません。

ドーターメーカー


【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
これまた知る人ぞ知るという作品ですが、総プレイ時間10時間くらいでさくっと終わるので、安かったら手をつけてみるのもいかがでしょう。

category: エロゲ

tb: 0   cm: 0

ジェネ ~試験管の中の少女達~(アイル)  

【作品概要】
シナリオ:FunFun、巻島武、中釜康一
原画:FunFun
音楽:一色由比


チームFunFunが贈るアイルのシナリオゲー。2003年4月18日発売。

【シナリオ】
地下世界の居住を余儀なくされた人間達が、崩壊した地上世界でも耐えられる新人類(AGG)を生み出し人体実験を行う近未来SF作品。
いつものアイルの如く凌辱ゲーと思いきや、凌辱ゲーの顔を被った泣きゲーだったのには驚かされた。
コメディと実験が繰り返される共通ルートを抜ければバッドルート、トゥルールートのどちらかに分岐するが、そのどちらも全く容赦がない展開でバッドルートは心を抉り、トゥルールートは伏線を回収しつつ死生観をテーマに涙なしではいられなかった。
個人的お勧めルートは、フリージア輪姦崩壊バッドエンドとフリージア、鈴、林檎のトゥルールート。年増キャラは苦手なので未プレイ。

【キャラ】
FunFun氏の原画は、立ち絵がパッとしないがことCGに到っては表情の描き方が上手い。アイキャッチ絵も凄く可愛い。
特に鈴に関しては、エロ可愛すぎて抜けないシーンが全くないという久々に最凶の妹が到来してしまった感があった。
逆にアプリコットは声(CV:ダイナマイト亜美)で抜けなかった。エウシュリーではお世話になったのになぜか納得がいかなかった。
目を瞠るのは野神奈々さん。今まで声を聴く機会に恵まれなかったがまたどこかで聴きたい。

【システム】
どのルートでもいいのでクリアすると選択肢でヒントが見れるようになる。
小一時間これに気づかず好感度を稼げず結構苦労した。取説は見よう。

ジェネ

【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
アイルだけど全くアイルじゃなかったのが味があって面白かった。知る人ぞ知る隠れた名作の一つでしょう。

category: エロゲ

tb: 0   cm: 0

黒薔薇は夜に咲く(D-Angel)  

【作品概要】
シナリオ:木三里予
原画:葛葉沙耶
音楽:ぴかりん

D-Angelの三作目。2004年1月23日発売。

【シナリオ】
19世紀末イギリスを舞台にしたゴスロリ凌辱ゲー。
作風としてはとにかく雰囲気を重視している。2003年当時のエロゲにしては原画・BGMともにハイクオリティである。
前世の記憶と因縁、登場人物の能力といった設定に意味を持たせておらずシナリオの方向性がよく分からない、シーン毎の尺が短い等欠点は多々あるが、銀髪オッドアイゴスロリヒロインマリーツィアが可愛いので特に気にならなかった。
どちらかといえば周回プレイでシーン転換とテキスト送りにもたつくのでシステム面の方が不満があった。

【キャラ】
マリーツィアことマリーがメイン。胸は絶壁ではなく多少のふくらみがある。これくらいあった方が好きだし愛でれる。
ロリエは共通では謎が多いが、ルート確定した直後のHシーンがとても好き。

【音楽(主題歌)】
安藤夏 OP曲「祈り」
元々この作品を知った理由がこの主題歌。OPムービーが歌詞付きで珍しい。フルバージョンはゲーム内で聞ける。
ちなみに作曲のぴかりんさんは2002年の「硝子の館」のEternal dreamを作曲している。
BGMに関しては作中でも解説されているが、全体的にストリングスとピアノを中心とした静かな曲が多い。

黒薔薇は夜に咲く

【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
最近Twitterの方でよく呟いているが、抜ければいいというスタンスなのでシナリオに拘らなければそれなりの評価の作品。
ゴスロリ、雰囲気の良い作品が好きな人にはお勧め。

category: エロゲ

tb: 0   cm: 0

オゲレツ大百科+マシーナの輝石(外伝)(West Vision)   

夏季休暇中に名古屋の某店舗でワンコインで購入しました。

【作品概要】
シナリオ:黒崎将弘 , 鬼影姚二
原画:トシぞー、丹下ゲンタ
音楽:M.C.TOM


West Visionの4作目。2002年11月22日発売。

【シナリオ】
マシーナクロニクルシリーズの原点。特にninetailの「機械仕掛けのイヴ」の土台となっている作品で、システムもそれを踏襲している。
淫具実験で愛依ちゃんをひたすら愛でるだけのエロゲーという印象であったが、ルート確定後の愛依ちゃんのロボットとしての葛藤に心を打たれた。見た目もロボットらしく、身体に継ぎ目があって胸上部にネジが付いてて拘りを感じた。
ドジっ娘属性のメイドなのはこの時代の定番だからだろう。他にメイドがいた気がするがそこは気にしない方針で。

【システム】
システムは相変わらず初見だとこれどうやってやるんだっけ?となってしまうが、その実シンプルな作りで、設備さえMAXにしてしまえば最終日までにかなり余裕を持たせる事が出来る。解読は難度Aまでは特に気にせず一回で100%に出来た。
隔週で訪れるジョージの要求どおりの納品物さえキチンと作成すれば難易度は高くない。

オゲレツ大百科

【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
結論:愛依ちゃんでシコりまくりだったのでこの評価で。次はマシーナの輝石をやりたい。



2017/10/26追記 【オゲレツ大百科外伝 ~マシーナの輝石~】
West Visionの10作目。2003年12月19日発売。

【シナリオ】
 前作オゲレツ大百科とは打って変わって、西洋ファンタジー世界が舞台となっています。
基本的な流れは一緒。ルートが確定するまでは教会のシスターと、自律動人形であるイリスに淫具実験を施し、ルート確定後のエピローグでほんのり泣かせにくる展開です。
 淫具作成パートは「機械仕掛けのイヴ」でもあった秘石アイコンの追加されています。
これと、ヒロイン(特にイリス)のテンションの調整、材料の相場変動とかなりランダム性の高い内容なので面倒+意外と難しいです。まぁ、なんだかんだいっても最後の納品で目標額を大幅に越えたんですけどねw
 それと今回はNut団、サリィといったイロモノ集団とバチバチ戦い、子供達のいる教会をイリスが守るカードバトルがあります。
これまた機械仕掛けのイヴでもあったジャンケンカードバトルの簡易版ですね。基本的に1枚ずつしか手札を出せない&マリガンが出来ない等制約がありほぼ運ゲーに近いので難易度は結構高め。最終的にイリスのレベルが12なのでおまけのヒント通り10前後は必要といった感じです。

【キャラ】
イリスがとにかく可愛い、マジ可愛い。日常シーンだろうが、戦闘シーンだろうが、エッチシーンだろうがとにかく抜ける。
演技派である咲ゆたかさんの声がベストマッチでした。サリィもアホ可愛いし、セラ(セレスティ)も儚げだしサブキャラも魅力的!!

マシーナの輝石

【総評・A】(S・A・B・C・D・Eで評価)
隠れた名作でした。イリスルートがほんとに良いので興味があれば是非♪

category: エロゲ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カウンター

検索フォーム

最新感想

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

twitter

応援バナー1

▲ Pagetop