FC2ブログ
虹色文明博愛会 ホーム » チュアブルソフト »Sweet Robin Girl(Chuablesoft/2011-02-25)感想

Sweet Robin Girl(Chuablesoft/2011-02-25)感想  

【作品概要】
シナリオ:神代いづみ 、草壁よしお、うたや、おぷと
原画:関谷あさみ
音楽:けんせい(Silver Seats Studio)


チュアブルソフトの第6作。中世ヨーロッパ風の街にある喫茶店「Birdies' Perch」(通称とまり木)を舞台に、成り行きで出逢った四人の少女達と交流を深める純愛物語。
スイートロビンガールのロビンはコマドリの英名。四人のヒロインをコマドリに例えています。

【シナリオ構成・攻略順】(ネタバレ注意)
シナリオはプロローグ~5章までの共通ルートと6章~10章までの個別ルート、全員攻略後のグランドルートの構成。
ルートロックはかかっていないので誰から攻略しても問題はありませんが、プリスorメグ⇒エレン⇒フィオナの順を推奨。

【シナリオ】(S・A・B・C・D・Eで評価)
見た目はただのロリゲーに見えますが、擬似家族、年の差恋愛をテーマとしたれっきとしたシナリオ重視の純愛ゲーです。
世界観が重視されていて楽曲製作にかなり拘っているのが伝わります。地名等実在した舞台ではありませんが、
楽曲にGreensleevesが使用されている、雷伯ヘンリーの名前から連想するに恐らくイングランドをイメージしています。

■フィオナ・ウォッシュバーン【CV:クボタハルカ】(
四人の中では一番年上でまとめ役。温和で気遣いの出来るとてもいい子。
共通ルートのフィオナの章でバルフォア家の嫡子であることが判明します。
個別ではレヴィン伯の次期継承者争いに巻き込まれることになり作品全体で一番見所のあるシナリオでした。
エンディングもフィオナだけ3パターンとセンターヒロインだけに優遇されています。
Hシーンでは胸が多少大きい為か唯一パイズリシーンがあります。(若干怪しいですがw)
ふくらみかけのこの感じがいいんですよね。そして一番感度の良さそうな喘ぎをしてくれるのでとても抜けます。
フィオナ

■エレン・マス【CV:真宮ゆず】(
強気なツンデレな銀髪ツインテール娘。見た目的に一番キャラ人気がありそうです。
記憶喪失で過去がないため明らかになっていく展開が気になってしょうがなかったです。四人の中では間違いなく一番重いシナリオですね(それだけに面白い)
声優があまりお目にかかれない真宮ゆずさんであるのもポイントです。
エレン

■メグ【CV:雪都さお梨】(
孤児院出身のローンウルフ。元気系ですが意外とあっけらかんとしてます。唯一プレイ開始前後で想像したキャライメージが違いました。
シナリオはサブキャラに重みがないせいかさっぱりし過ぎている印象。メグ自身の過去も薄い。メグが店を出て行った理由も分からないし。
作品全体が良い作品だけにメグルートだけ勿体なく感じました。
メグ

■プリムローズ・スプリングヴェール【CV:有栖川みや美】(
合法ロリ。年齢差があり過ぎて親子みたいに見える。言動が幼いしおっさん心をくすぐる、もしくは抉ってくる。
シナリオは突然家を出て行った父親とレヴィンダムで再会し一悶着する話。汚い大人の世界が好きな人は好みかもしれません。
一番最初のシーンの乳首ペロペロからの処女喪失で苦痛で絶叫するのは無理矢理やってる感がして良い。
シーン書いた人分かってますねw
プリス

【音楽】
全4曲構成。全曲作曲はけんせいさん。
anporin OP「Birdies' Perch」
曲名は店名と同じ、とまり木。牧歌的な装いの良曲です。

anporin ED「Sweet Robin Girl」
英語歌詞で構成された曲です。各ヒロインのトゥルーエンドで流れます。

anporin ED「Greensleeves」
有名なイングランド民謡「Greensleeves」のアレンジ。ちなみにCLOVERのきるとも同じ事やってますw

クボタハルカ 真宮ゆず 雪都さお梨 有栖川みや美 ED「We Wish You a Merry Christmas」
クリスマス・キャロルのアレンジ。ヒロイン全員で歌唱。

【総評・】(S・A・B・C・D・Eで評価)
ここまで肝を抜かれた純愛ゲーは久々にやりました。グランドルートなんて某キャラの真実が判明して少し泣いてしまいましたし。
某批評サイトでヒメガミさま、あなオトに次いでデータ数が少ないので世間的にはそんなにメジャーな作品ではないのですが、正しく隠れた名作と評価できます。
ロリオンリーのシナリオゲーはもっと増えるべき!
スポンサーサイト



category: チュアブルソフト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rainbowartworld.blog.fc2.com/tb.php/150-e5a55ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

検索フォーム

最新感想

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

twitter

応援バナー1

▲ Pagetop